FIRE(早期リタイア)のために不動産を有効活用

できれば早期にリタイアして自由な暮らしを実現したいという人々が増え、20代の初めごろから資産形成に取り組む方が増えています。

FIREと呼ばれる早期リタイアは、これからの人生設計の中心になるかもしれません。

家族と過ごす時間を増やしたい方、没頭したい趣味がある方など、自分の時間を大切にしたいと感じる皆さんに対して、不動産を活用したFIREのための道しるべをご紹介します。

FIREという生き方と選択肢

最近の若者は不動産やクルマなどの資産を購入するような意欲がないと嘆いている皆さんは、もしかしたら時代遅れなのかもしれません。

高度経済成長期には、大学を卒業して良い会社に入り、そして結婚をして子供が生まれ、憧れのマイホームを購入するための多額の住宅ローンを組むという人生を歩む人たちが多くいました。

しかし、ありきたりな人生に対して楽しみを感じられず、それぞれの個人の限られた時間を有意義に過ごしたいという考えが広まり、FIREという言葉が注目されています。

FIREとは、単なる早期リタイアということが目的なのではなく、自分の人生を好きなように使い、自由な生活を送ろうという新たな人生設計の姿です。

FIREには不動産が欠かせない理由

FIREを厳格にルールづけすることは難しいですが、今後の人生において必要になるであろう資金をためることによって、もう働かなくても良いと判断できる状態になることが必要条件となります。

サラリーマンが生涯で稼ぐ給料は、数億円であると言われていますが、多くの方は手元に数億円をためることができませんので、生涯ずっと働き続けることになります。

しかし、早期リタイアを決める時点では、すべての資産を現金で持っておく必要はありません。必要な時期に必要なお金が手元にあれば良いのです。

つまり、毎月の決まった収入があり、それが不労所得によって発生するものであれば最適ですので、不動産の賃貸による収入というのはFIREに適した収入源ということになります。

安定して毎月の不労所得が得られる収益モデルは、不動産以外にはほとんど選択肢がありません。

自宅を所有しないことが重要

早期リタイアを目指しているのにもかかわらず上手くいかないと考えている方が陥りがちなミスのひとつは、自宅の不動産を所有するということです。

住宅ローンが使えますので取得しやすい自宅用不動産ですが、何も資産を生まない自宅という資産を持っていることは、FIREにとって足かせです。

もし、自宅用の不動産が既にある方は、リースなどの手段を活用して所有をやめ、リースによって生まれた資金を使って、賃貸が可能な不動産を新たに購入することがFIREの近道となります。

投資用ワンルームマンション一括査定

  • なかなか買い手が見つからない
  • 叩き売りはしたくないがはやく現金化したい
  • なるべく手間をかけずに売却益を最大化したい
  • 頼んでいる業者から値下げ提案をされセカンドオピニオンがほしい

「投資用ワンルームマンション一括査定」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!