空き家の予防策にリースバックが有効な理由

日本全国で空き家問題が多発しており、国や地方自治体では職員が対策に乗り出すケースが増えています。

誰も住んでいないままで放置されていしまっている空き家は、勝手に他人が住み着いてしまったり、老朽化によって倒壊してしまうというリスクもあり、行政としては解決すべき問題です。

どうして空き家が生まれてしまうのか、そしてどうすれば空き家の問題が生じないのかについて解説します。

空き家になってしまう不動産の歴史

現在は誰も住んでおらず空き家となってしまっている物件であっても、当然のことながら以前には人々が暮らしていました。

しかし、あるタイミングをきっかけとして住人がいなくなって、そのまま放置されてしまうことで空き家になってしまいます。

空き家が発生する最大の原因は、住んでいた方が亡くなられて、その後もご家族が住まわれる予定がなく、誰かに賃貸することもせずに放置してしまうことです。

既に都心部で不動産を購入してお住いのご家族の場合には、地元へと戻るという選択肢は考えにくいでしょう。

空き家によって発生するトラブル

空き家が増えることによって、地域の元気が失われたり、見た目が悪いと感じる方がいますが、これだけではトラブルとはなりません。

空き家によって発生するトラブルの代表的な事例は、やはり老朽化による倒壊と、見ず知らずの侵入者による居住でしょう。

日本の戸建て住宅は非常に頑丈な作りとなってしますので、30年を超えても全く問題なく生活ができます。空き家が放置される原因のひとつは、建物が立派で即座に撤去する必要がないことです。

しかし、台風などの災害が発生し、壁や窓ガラスが割れるなどして小さな損傷ができると、そこから急速に建物の腐敗がすすみ、やがて倒壊してしまいます。

また、長らく放置していた空き家に、気づかぬうちに何者かが侵入し、そのまま生活を始めてしまうというケースもあります。

地域のコミュニティが強固だった時代には、他人が踏み始めれば近隣の人々が不審に感じて警察に相談することもありましたが、時代の変化と共に近隣との距離を置く生活スタイルが定着したことから、空き家に他人が住み着いても気づかないという状態が発生しています。

不要になった不動産は手放すこと

どのような不動産であっても毎年の固定資産税などのコストが発生し、思いがけないトラブルによる損害が生まれる可能性もあります。

このため不要になった不動産はできるかぎり早期に手放すことが重要になります。

リースバックは、ご自宅に住み続けながらもリース契約にすることで、住まなくなったら手放すという仕組みですので、空き家によるトラブルを未然に防ぐ方法として有効です。

投資用ワンルームマンション一括査定

  • なかなか買い手が見つからない
  • 叩き売りはしたくないがはやく現金化したい
  • なるべく手間をかけずに売却益を最大化したい
  • 頼んでいる業者から値下げ提案をされセカンドオピニオンがほしい

「投資用ワンルームマンション一括査定」のご案内、100社以上の提携業者の中から一括査定を行い見積もりを出します、無料にて最短1分申し込み出来ます!